PollEx(ポレックス)の販売とサポート

UPMS

UPMSは電子部品おパッケージ形状、梱包情報、シミュレーションモデル、フットプリント、シンボルを登録、管理する統合ライブラリ管理システムです。既存CADライブラリの読込み、登録したライブラリの出力が可能で複数のCADを統合する。また、シミュレータなど複数のツールを統合することができます。

ライブラリ統合の可能性を追求

電子CADのライブラリ統合を謳うツールは様々ありますが、殆どがCADベンダーが提供しているものです。グローバル化や生産のアウトソーシングなどによって複数のCADでも”統合”できる真の統合ライブラリ環境はUPMSだけです。

概要

UPMSのベースは電子部品のパッケージ形状です。これを元にライブラリに必要な情報を格納していきます。構成は下図のようになります。

UPMS構成

UPMS構成

パッケージ形状

子部品のタイプを選択し、データシートから寸法を入力していきます。

パッケージ形状登録

パッケージ形状の登録

 多様な電子部品のパッケージ形状に対応する為にウイザードの他にも登録方法を準備しています。また、お客様固有、又は、特殊な電子部品が多いなどあればお気軽にお問合せください。

フットプリント

フットプリントはパッケージ形状から自動生成しますが、一方通行ではなくCADで登録したフットプリントを読込むこともできます。

フットプリントエディタ

フットプリントエディタ

フットプリントは生産工場によって異なりますので1つのパッケージ形状に対して複数のフットプリントを設定します。

シンボル

シンボルの形状についてもウィザードにて作成することもできますが、CADからインポートすることも可能です。

シンボル登録

シンボル登録

シンボル形状に関して企業内で規格化しているケースなどもあると思います。対応を検討しますのでお気がるにお問合せください。

梱包情報

実装まで連携する場合には部品の梱包情報なども必要となります。梱包形態の情報がないことで生産現場でのトラブルは絶えることがありません。

梱包情報

梱包情報

 グローバルな生産拠点を想定してライブラリを管理する場合には電子部品の梱包情報も非常に重要です。ここで入力した情報をPLMシステムに取込みたいなどご要求あればお気軽にお問合せください。

シミュレーションモデル

回路の高速化に伴い、シミュレーションを活用するケースが増えてきていますが一番の問題がモデルの設定です。ライブラリと共にシミュレーションモデルを管理したいという要望に対応しています。

シミュレーションモデル

シミュレーションモデル

管理できるシミュレーションモデルはIBISだけでなくSPICEやSパラ、熱解析用のパラメータ入力なども可能です。

PollExとの連携

UPMSで登録した情報はPollExと連携することで更に有効に活用することができます。

PollExとの連携

PollExとの連携

 PollExPCBとの連携

パッケージ形状をPollExPCBに読込むことで実装後のボードの3D表示が可能です。この3DボードはStepフォーマットを介して3DCADで読込みできます。

PollExDFAとの連携

電子部品の端子の接地形状や3Dのパッケージ形状を元にチェックを実行するため、社内規格をそのままルール値として使用でき、いままで目視などに頼っていた検図を自動化することができます。

PollExSIとの連携

SIシミュレーションモデルをUPMSから自動セッティングします。

PolExThermalとの連携

熱解析用電子部品モデルをUPMSから自動セッティングします。

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 045-250-3970 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © Polliwog Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.